KYKグループはSDGsの実現に貢献します画像KYKグループはSDGsの実現に貢献します画像

SDGsとは画像
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の変わるものとして、2015年9月の国連サミットで加盟店の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい正解を目指す国際目標です。
17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(Leave no one behind)」のことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自信が取り組む普遍的なものです。

KYKグループの主要な取り組み

Action 1:環境問題への取り組み

環境問題への取り組み
  • 目標7[エネルギーをみんなに そしてクリーンに]
    プラスチック製ストローを廃止し、紙ストロー導入によるプラごみ削減を実現しました。
    また、バイオマス原料配合のレジ袋を導入し地球環境保護に取り組んでいます。
    目標7[エネルギーをみんなに そしてクリーンに]画像
  • 目標12[つくる責任 つかう責任]
    カットキャベツの導⼊によるフードロスの削減を意識した経営を行っております。
    真空パックで保存されたシャキシャキのカットキャベツで水洗いも必要ありません。
    必要な時に必要な分だけ使用できるので、フードロスを抑えることができます。
    目標12[つくる責任 つかう責任]画像
  • 目標13[気候変動に具体的な対策を]
    FSC®認証材を使用した包装容器の導入による森林保護に努めています。
    適切に管理された木材をはじめとする林産物で製造された紙を利用しています。
    (適用商品例:デリカKYKサンドメニューのパッケージ紙)
    FSC認証についてはこちら
    目標13[気候変動に具体的な対策を]画像
  • 目標14[海の豊かさを守ろう]
    無洗米の導入による海や河川の水質保護に努めています。
    肌ぬかがきれいに取れている無洗米を使用することで、水質汚染の原因となるとぎ汁を排出することなく、美味しいお米を提供することができます。
    目標14[海の豊かさを守ろう]画像

Action 2:女性活躍への取り組み

女性活躍への取り組み
目標5[ジェンダー平等を実現しよう]
女性活躍推進法の「働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現する」という趣旨のもと、女性従業員がイキイキと活躍できる職場環境の整備に取り組んでいます。

『大阪市女性活躍推進リーディングカンパニー認証』
当社は、大阪市が推進する「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証事業において2015年10月1日に一つ星(認証レベル★)を取得。その後も当社の取り組みを評価いただき2021年10月1日に二つ星(認証レベル★★)を取得しました。
女性活躍推進リーディングカンパニーロゴ
目標8[働きがいも 経済成長も]
当社は行動規範のひとつに『私たちは、従業員間においても互いに尊敬・協力し、働きがいのある職場作りに努めます。』を掲げて、誰もが働きやすい職場環境を目指しています。特に、女性が働きやすい環境づくりとして、出産・育児休暇制度の整備と利用拡大を目指しています。また、いかなるハラスメントも容認しない社内教育の強化に努めています。

ACTIVE women 『女性活躍推進委員会 通称 ジョカツ』

2016年、誰もが活躍できる会社を目指すための一環として「女性活躍推進委員会」をスタート。
親しみを持ってもらえるように委員会の名称を「女性活躍 と とんかつ」をかけた「ジョカツ」にしました。
女性従業員が自身の経験、能力を更に伸ばせるよう、会社の規定、ルール、風土等を改善する目的の委員会です。
女性店長として、トレーナーとして、結婚・出産というライフイベントを乗り越えて、活躍する女性社員が、さまざまな立場の中で課題・問題に対して意見が言える委員会です。
スタッフ集合写真

委員会メンバーの声

  • ① KYKのアピールポイント
  • ② 女性活躍の今後のポイントとアイデア
    レストラン担当スーパーバイザー
    粋花KYKあべのハルカスダイニング店兼KYKかつ&カリー岸本ビル店 店長
    松下加奈さん画像

    女性初のスーパーバイザーとして多彩なキャリアに挑戦
    松下 加奈さん

    • ① 「暖かく」また「女性が長く働きやすい」会社です。男女ともキャリアアップに繋がる研修制度も整っていて、産休、時短勤務など働くママさんにとっても細やかな勤務制度が整っています。
    • ② 今はまだ管理職は男性の方が多いですが、女性の感性が更に発揮でき、広がりを見せることができるようにジョカツなどを通して勉強していきたいです。
    デリカKYK近鉄あべのハルカス店 店長代理
    松下加奈さん画像

    2児の母として子育てに仕事に前向きにチャレンジ
    島村 佳奈さん

    • ① KYKに務めて数十年、そのキャリアの中には悲しい時、困った時、嬉しかった時、さまざまな時がありました。それぞれの時にいつも仲間が傍にいて、助けてもらい声をかけてもらいました。誰かが必ず悩みに声を掛けてくれる、それがKYKのよさです。
    • ② ワークライフバランスを充実させることです。(好きなことをする時間と仕事の時間のメリハリ)
    サンマルコJR名古屋髙島屋店兼とんかつKYK名古屋栄地下街 店長
    林千恵子さん画像

    店長を目指す次世代の働く女性のモデルケース
    林 千恵子さん

    • ① 会社全体、職場が仲間として仲のよさが出ていることです。
      商品が優れていることです。
    • ② 勤務年数の長い、又は時間数の長いパート社員のキャリアアップです。
      (社員区分に隔たりがなく、が理想です)
      研修、会議などに参加をし、交流を深め、まずは顔を覚えてもらうことです。

活 動 事 例

  • ①従業員の声・・・
    小学校になると学校行事が増える!
    10歳という子供の年齢が基準となる企業が多い中、小1までは短い!
    子供を頼める人が傍にいない場合、社員として働くには小1までは厳しい!
    小1までの時短なら退職するしかないと思う!
    上記の声を受け、育時短勤務制度の見直しに動く
    現在の育児休業規定では小学校に入学するまでを
    ⇒小学校を卒業するまでに見直す
  • ②従業員の声・・・
    時短のパターンを増やして欲しい(選択肢を増やして欲しい)!
    30分の時間の余裕がほしいし、とても大切!
    現在の育児休業規定の1/7、2/7時間短縮の2パターンを
    ⇒選択肢を増やし5パターンに見直す
  • ③従業員の声・・・
    出産・育児休業者のための「応援手帳」があればいい!
    どういう手順で準備をすればいいか不安がある!
    これから出産の方にはもちろんの事、店舗の方の理解にもつなげたい!
    ⇒「仕事と育児両立応援手帳」の作成
     内容*先輩ママの座談会、育児休業規定の説明と解説、時短勤務、等
    家族イラスト

「女性社員が活躍できる制度と職場作り」を優先課題とし取り組み、益々活気ある委員会として、風通しの良い企業風土を目指していきます。